ドッペルゲンガーも夢をみる。

おもったこと 感じたことを つらつらと。

着すぎたTシャツ、色褪せてかなしいね。

 

感じたことで あたまと胸がいっぱいになって、どうしようもない感情が溢れてしまいそうになると 決まってわたしはここにきて、口に出せない言葉を 文章にしてしまう癖がある

読み返すたび きもちわるいなとおもうけれど、独り歩きしやすい感情を整理しながら その瞬間のきもちを象るわたしなりのかたちなのかな

 

 

巡り合わせで 昨日はじめて 観て聴いたバンド

またいつか聴けたらいいなって ダウンロードした

1日経った今日、無期限活動休止を発表していた

それはかなしい理由だった

素敵なバンドだった

1度しか立ち会えなかったけど いい出会いだった

 

彼らのなにを知っているかって、そりゃ何も知らないけれど、確かにステージに立っていたこと 知っている

 

そうやって どうしたって出会えなくなる瞬間やものが

この先いくつ生まれるんだろう

それにすら気づけず、いくつ見過ごすんだろう

いつだって終わりは呆気ない

 

そういうこと考えて、こわくなる

帰り道 好きなバンドの曲をきいて ちょっと泣いた

すべてに等しく 時間という概念が付き纏うな

 

簡単に永遠を信じられなくなるような出来事には、有り余るほど あまりにも多くの事象に出会ってきてしまったから、永遠なんてないんだな と、いつだって気付かされてしまうけれど

 

それと同時に、生きていれば それを信じられる瞬間がごく僅か あることも知った

それが実際には そうならなかったとしても、そう思える瞬間があるということや そう思っていたいと思えるほどのものに出会えたことに気づいて すこし救われる

 

 

改めて 人と人との繋がりは儚いもので、でも確かなもので、素敵な瞬間を生むものだな

大切にし合おうとしないと 易々と崩れてしまう

 

 

 

感受性が基本的にばかになっているから、心がいっぱいいっぱいになると、ひとつ感じたことを ずっと考えてしまうときがある

今もそう 自分のことでも まわりのひとのことでも

 

それがぐるぐる あることないこと思考回路にうまれて

よくない方向に独り歩きしてしまったりもする

 

それでも 何度だって見つけてくれる そっちに行かなくても大丈夫だよって 引っ張ってくれる大切な人のあったかい手を いつまでも離さないでいたいとおもった

 

大切な人に想ってもらえること、いつまでたっても自信満々になんてなれないけれど、いつだって 自分の想いには自信満々だ 胸を張って言えるよ

 

 

仕事でいっぱいになったあたま 帰り道 21:48

そんなこと考えて 今日もおうちに帰ります

 

ツイッターなんてやめよっかな

みたくないもの あまりにも多すぎる 必要ないな

 

 

R.  💫

 

 

夢から覚めたら。

 

さいきん眠れない夜が続いている

正確には眠っているのだけど、夜中に起きてしまったり 寝つきが悪かったりで 眠りの質がよくない

 

眠れないとネガティヴが爆発したり

考えてもしょうがないことで落ち込んだりしてしまう

 

最低な夢をみて 大切なものをふたつ同時に失う夢で

ぱっと目が覚めて「夢でよかった」より先に

夢の中で感じていた悲しみや不安が襲ってきて

時計は夜中3時ぴったりで こわくなって

連絡したらすぐ返してくれた

 

夢の中の俺はかわってるね

ここにいるよ だいじょうぶ  安心した?って

たくさんあったかい言葉をくれるから、

なんだかとても安心して めずらしく言葉をねだった

たくさん甘やかしてくれるから 素直に甘えてしまった

あなたのまっすぐな愛に いつの日もすくわれる

 

単純にすこし 不安だったのかもしれない

そんな夜だった

人間睡眠切実大切 

 

最近よく夢をみる

鯨の夢はわくわくしたなあ

 

朝までぐっすり眠れる日が はやく帰ってきますように

 

 

R. 🌙

 

 

プレイズユー。

 

なにかを褒めるとき、

「○○みたい」「○○っぽい」「○○に似てる」

という表現を使う必要はないなあと 野暮だなあと

 

何にも影響されない人はいないし、見てきたもの聴いてきたものすべてで 今その人ができあがっているし、これだけ人やものが溢れる世界で 何にも似ないというのは なかなかないだろうし、

だからこそアイデンティティを探すのかもしれない

 

そんな褒め方しなくても、じゅうぶん魅力を伝えることってできるとおもうから、いいと感じたものには 素敵だってことをただ伝えたいね

 

使い古した言葉でも つたわるきもちはあるよ

新しい表現がすべてじゃないよね

 

 

今日も元気にねむい!

 

 

R. 🗝

 

 

命短し恋せよ乙女。

 

一生隣にいるんだと 信じて疑わなかった彼も

今では どこで なにをしているのかさえ知らない

 

一生かわらず笑いあってると 思い込んでた友達も

今では どこで なにをしているのかさえ知らない

 

生きていれば嫌でも変わっていくし

わたしもその中のひとりである それだけなんだな

 

それでもいまそばにいてくれる人に

いつか離れていってしまうのだとしても

いま 心からの 嘘偽りない愛をつたえていたい

 

 

 

ふとしたときの なんてことない日常のひとことで

昔の傷が 思い出したように疼いて 胸が痛くなった

 

胸が痛いって 表現だけではなくて

本当に胸が痛くなるよね ぎゅってなる

 

あの日のわたしはきっと 心から傷ついていたんだな と

あの日から6年くらい経った 今、気が付きました。

正確には 思い知らされた が正しいかなあ。

 

同じ人ではないのだから、同じ言葉をもらったからと、姿を重ねてしまうのは失礼なことだと あたまでは解っているはずなのに、どうしてもトラウマのように 離れない それだけ傷ついていたんだなあ

 

 

「忙しい」「時間がない」そうやって離れていった人に

誰かに時間を使う価値をおしえてもらいました。

 

誰かの時間を奪う権利は わたしにはない

時間の使い方を選ぶのは 自分でしかない

時間には限りがあるから わたしたち解っているから

やりたいこと 会いたいひと みたいもの 聴きたい音

すべて自分のために使うべきもの

 

だからわたしは 手を離した君を追いかけなかったし

またおんなじになるんじゃないかって こわくなる

 

それでもいま、その大切な限りある時間を わたしのために使ってくれる人がいる ってこと

絶対にわすれたくないし わすれちゃいけないな

 

 

過去の傷を懐かしんで 触れて痛くて 泣くのではなくて

いま隣にいてくれる人の言葉を信じていたいな

 

それが心の底からできるようになるのが いまの目標。

 

 

R. 🦋

 

 

 

すきの距離。

 

 

もう1年以上、更新していなかった

1年も経てばまわりの環境も自分も 嫌でも変化する

 

すきがなくなったわけじゃない ただ 次々襲い来る普通の生活に追われる中で 確実にあの時期を境にして わたしの心はかわった

 

赤いヒーローみたいなひとが いなくなった

生活の中で大切に想う人ができた

 

いろんな要因はあるんだけど いまはこれでいい

これがちょうどいい とおもえる距離で 想ってる。

 

 

ずっと応援してるよ。いままでも、今も。

これからも。

 

 

R. 🔹

 

だいすきなひと。

 

 

大好きな人が 大好きなグループからいなくなる

もうこんな想いすることないっておもってた

ずっといっしょだって 疑ってなかった

 

 

きっと たくさん考えて たくさん悩んで わたしたちの知りえないところで たくさんの葛藤があったんだろう

 

すばるくんの 誰よりも真っ直ぐな夢に心打たれて

亮ちゃんの あの困ったような顔に何も言えなくなって

丸ちゃんが 悲しそうに笑うからこっちが辛くなって

章ちゃんの 前向きな言葉の並びにやりきれなくなって

大倉くんの 心の奥にある誰よりも素直な言葉に涙して

村上くんの 本人をどこまでも尊重する漢気があって

横山くんの ありがとう。にどれだけの思いが詰まっているか計り知れなくて 

 

 

すばるくんの21年間を想って 涙が止まらない。

それをずっと共にしてきた ヨコヒナを想って、メンバーを想っては ずっとずっと涙が止まらない。

彼らの中に、どれだけのものがあったかなんて わたしには知る由もない。計り知れない努力や、気持ちの向き合い方まで たくさんたくさん 悩んでやってきたんだろう。

 

だけど こんな日が来るなんて 思ってもなかった。

章ちゃんの「倍々!」の真意は どこにあるのかな

あなたを想って笑えない日が来るなんてなあ

 

関ジャニ∞をやめるのではなくて ジャニーズ事務所をやめるって言ってることに、彼らしさを感じて 少しだけ救われた気もしてる

 

 

すばるくん だいすきだよ そばにいて欲しかったよ

わたしの中の子どもの部分が 泣き叫んでる

置いていかないでって

これが本音だよ

 

誰よりもグループを大事にして 背負っていたあなた

あなたという存在の大きさを改めて思い知ってる

あなたとずっと一緒に夢を追いかけていたかったよ

7人 ずっと 死ぬまで

 

わたしまだサヨナラなんて言えない

行ってらっしゃいなんて言えない

身体が冷えてく

 

でも彼は まだゆめの途中なんだよな

まだ夢の途中 まだ夢の途中 

溢れる無限の想いを うたっているから

 

でもやっぱり 嘘だって言ってよ

必ず帰ってくるって 言ってよ

ソロでも 関ジャニ∞っていうアイドルグループやってますって言うあなたを 絶対に忘れられない

でも その言葉に囚われてしまっていたのかな

 

 

こんな日が来るなんて 思わなかったんだ

ずっと一緒だって 思わせてくれた人達だったんだ

ずっと7人で おじいちゃんになっていく人達だって

最強のメンバーなんだって

 

すばるくんがおらんくなったら、すばるくんがいないことだけじゃなくて、すばるくんと それぞれメンバーの空気感も もうみられなくなってしまうんだな

 

 

章ちゃんは出られなかったけれど ああいった形でメンバー揃って会見をしてくれて、本人達の声を聴けたこと

数年後には感謝しているのかもしれない

あの会見があったから どこまでも真っ直ぐで熱い人たちだからこそ 自分たちを応援してくれる人達に嘘なんてつけない人たちだから

こうなったんだろうなあ そこが大好きなんだよなあ

すきだから わかるから つらいんだ

 

 

メンバーみんなの気持ちはわかったけど かなしい

現実に向き合える日は来るのかな

そんな日もあったなんて 笑えるのかな

 

すばるくんの今までを 全部すきで 信じてるから

 

かなしいんだよ

 

 

「いつまでも此処に居たいけれども

        旅立つ夢を見てしまったことを」

 

 

6人の関ジャニ∞に慣れてしまうのも

7人の関ジャニ∞に縋ってしまうのも

どちらも怖くて怖くて そんなの嫌なんだ

 

8人の関ジャニ∞を絶対に 絶対に忘れない

未来をつくる今 未来を越える今

 

こんな日でも朝が来てしまって

こうしてる間にも世界は進んでいて

うまく立てないままの自分がいて

あなたの大きさを思い知るんだ

 

 

全部夢なら よかったのに

全部夢なら どんなによかったか

 

 

 

あなたがいないって 考えるだけで

うまく息ができないんだよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャムはやっぱり苺ジャム。

 

 

ジャム本編、観ました。エイトのこと 書こう。

そうだなあ 言葉にするのはいつでも簡単で難しいなあ

聴くたび観るたび いろんなこと考えてしまう。

 

関ジャニ∞ エイターテインメント ジャム

前ツアーとはまた違う形のエンターテインメント。

前半はシンプルにバンド。ずっとバンド。メトロックに出演した後だったから、来れなかった人たちにもっていう感覚かな、セトリもそんな感じでした。

後半はいわゆるアイドル。完全に振り切っていてかっこいい。でもきっと やる側は本当にしんどいと思う構成。あれを連日やっていたのは 素直にすごい。

メトロック実はエイトが出演決まる前に、ボランティアとして半スタッフで行くこと決まってたので、発表されたとき心臓止まるかと思った。ズッコケあたりで交代の時間がきてしまって、泣きながら仕事に戻ったなあ。音漏れ聴きながらゴミ集めてました 懐かしいなあ。

 

ジャムで忘れられないのは、初日札幌アリーナで トロッコに乗った汗だくの亮ちゃんが目の前通った時、マイク通さない生声で「あっちぃー!!」って言ったこと。

あと同じくトロッコが目の前に止まって、向こうの方をギラギラした目で見つめるすばるくんの横顔(斜め下顔?)に、息ができなくなったこと。あの美しさ、わすれられない。アリーナ通路側の端っこだったから本当に目の前で、今まででいちばん近かった。

章ちゃんは近く通らんかったけど、すこし遠くのフロートから 恐らくわたしの団扇を指して手を振ってくれました。隣でみてた友達に「今の安くん!絶対りいちゃんに手振ったよ!」と言われたので、そう思うことにしました。わたしへのファンサじゃなくてもいいです。思うのは勝手なので、自惚れることにしました。わたしはあほなので幸せです。

目の前通った横山くんはライトで白飛びしていました。丸ちゃんはあいかわらず誰よりもアイドルでした。

村上くん大倉くん安田くんは近く通りませんでした。

 

 

ジャムオーラス、そういえば 章ちゃん肌荒れしてて心配してた時期だったなあ。そういう関係ないことばっかり考えてしまったなあ。髪型もんたよしのり期なあ。みんなからウケ悪いけど章ちゃん的にはお気に入りらしい かわいいよなあ。わたしは章ちゃんが楽しいならなんでもいいよ それでいいよ派です。髪も服も好きなようにしてほしい。

 

あと ライブ前半はバンド曲が続くけれど、改めて歌い出しが章ちゃんの曲多くないですか。誰が作った曲とか置いといて、多くないですか。嬉しいです。

 

でも正直、なにより今回楽しみにしていたのがユニット曲で。年上組のAnswer、年下組のノスタルジア。どちらも最高に大好きで 大切で。

 

Answerは、言わずもがな3人のジュニア時代の写真→今の3人の写真。サビのキーをわざとギリギリの高さに設定したすばるくん。歌に自信がないといつも言う横山裕が ジレッタを経て堂々とソロでサビを歌っていて泣けた。バリバリ踊る村上くんの格好良さよ、彼は素敵なアイドルだなあ。

3人で書いた歌詞に すばるくんが曲をつけて 3人で歌う。全部3人の空気感だなあ この3人がこの3人で良かったなあと しみじみ感じた曲。

今のこの3人だから生まれた歌詞。

この3人が歌うから響く歌詞。

 

ノスタルジアは、エモいの一言に限る。とにかくエモい。なんだろう、この感覚。鳥肌が立つんです。音源だけでもゾワゾワする。二度と戻れない夏のようで、キラキラしていて、どこまでも切なくて、でも一秒一秒が大切で。息を呑むような なんだか神聖なものに感じる そんな空気感の曲。

個人的には登場の仕方が好きで。バクステ丸→レフト倉→ライト亮→センステ安の順番で 1人ずつスポットライトが当たって、どんどん仲間が増えていく。それぞれが真ん中に向かって歩いていって、4人集まって。あの瞬間、間違いなく世界で一番 美しい四角形でした。

丸ちゃんの一音一音を大切に掴むような動きに  目が離せなかった。大倉くんの白に近い金髪が揺れて なんだか浮世離れして見えた。わたしは錦戸亮のダンスが一番すき あなたのターンが一番すき。章ちゃんの声は 倍音がとっても心地よくて安定していて なんだろう うまく言えないけれど本当に好きなんだよなあ。

 

この2曲は特別に 特別でした。

 

全部言ってたらキリないからこの辺でやめよ〜〜

映像を見終わって、いいツアーだったなあと考えていたら アルバムのジャムが発売した頃のこと思い出した。

横山くんがジレッタ、大倉くんが蜘蛛女、安田くんが俺節を終えてからのツアーで、初日が札幌で。

わたしはこの頃、安田くんのことばかり考えていたなあ。心配とか 安心とか 微かな不安とか うまく言い表せないけれど。俺節のことが忘れられなくて、観ただけのわたしがこうなんだから、きっと本人はもっともっと 想像もできないくらいなんだろうな とか。ずっと彼と、彼の中にいるコージを想っていた。

 

たしか初日の前日くらいにアルバムが発売して、札幌へ行く飛行機の中で全部聴いた。まさかすばるくんに「生きろ」と言われる日が来るなんてなあ 1人で飛行機の中 空を眺めながら泣いたなあ。

何もなくたって いいんだって思えた まっすぐな歌。それでもいいって まっすぐに認めてくれた。たくさん変わったけど なんにも変わってなんかない 渋谷すばるの歌でした。

 

そんなこともあったなあ と今日 思い出した。

その日に一緒にいた友達のこと、話したこと、行ったところ、その日着ていた服、たくさんのこと思い出した。振り返ったら全部素敵な思い出になっていた。

 

 

ただただ 関ジャニ∞が好きだなあ と毎日気付かされる

本当に毎日感じてるの それってすごいことだよなあ

 

日常に潜むちいさなことにも、気がつけば

あ〜これ章ちゃん好きそう 似合いそうやなとか、すばるくんがこの曲歌うのしぬまでに聴いてみたいなとか、こないだ横山くんも似たようなこと言ってたなとか、今のが村上くんやったら絶対もっと面白くなるのにとか、このドラマ大倉くんも観てるかなとか、ライダース着てる人みるたび亮ちゃんのが似合うなとか、お昼すぎたなあ今日も丸ちゃんウェブ更新してくれたかな?とか

考えてしまってるよなあ 当たり前のようにね 恋かな

 

気がついたらもう3月で、ジャムオーラスが9月で。時が過ぎるスピードが年々早くなっている気がする。はやくてはやくて たまに置いていかれる。それでも生きろと言われたから、「誰でもないあなたを生きて」と歌ってくれた だいすきな人たちがいるから、生きてゆける

 

 

ひろがる ひろがる 目の前世界がひろがる

 

 

R. 🍓