読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドッペルゲンガーも夢をみる。

おもったこと 感じたことを つらつらと。

ハッピーエンドと 長い夜。

 

 

 

仕事から終電で帰宅して シャワーを浴びて 野菜ジュース片手に 録り溜めていたドラマを数話 一気に観た

 

とても後味の悪い物語 嫌いじゃない 寧ろ 後味の悪い作品を観ると どこか安心するのは何故だろう

 

ハッピーエンドなど 望んでいないのだろうか

そもそもハッピーエンドなんて 誰が決めるのか

日常には 終わりの日まで 続きが在るものだ

エンドなんて その時になるまで解らないものだ

 

そう考えると、ハッピーエンドにも続きがあるはずで

 

本当の意味でのハッピーエンドなど あるのだろうか

 

 

わたしが 後味の悪い作品に惹かれる理由

 

野菜ジュースを飲み干した 少し解った気がした

 

 

 

 

朝だ 寝ようと考えて寝室に向かった

寝室のカーテンが開いたままになっていて、

外から眩しいくらいに朝日が射し込んでいた

 

後味の悪いドラマのせいで もやもやしたままの心が

なんだか晴れた気がする 太陽ってすごいなあ

自然の力ってすごいなあ 人間って単純だなあ

 

 

朝日を浴びながら 歯を磨いた

肌寒いけれど とても気持ちがよかった

 

すっかり日が昇るのも早くなったなあ

夏が近づいている

 

 

f:id:xRx8xoO:20170503051027j:image

 

 

今日も長い夜だった

おやすみなさい

 

 

良い夢を。

 

 

 

R. 🌞