読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドッペルゲンガーも夢をみる。

おもったこと 感じたことを つらつらと。

Cool と Fool は すこし似てる。

 

 

好きなバンドの新譜が出た。今日 突然。

この人たちには いつまでもわくわくする。

わくわくさせてくれる。ありがとうでいっぱい。

 

更にツアーが発表された。会いたい。

あなたの声が聴きたい。唄が聴きたい。

愛おしそうに演奏する姿を 目に焼き付けたい。

 

 

もしもわたしが 音楽を好きにならなかったなら

小学校3年生のときに あのCDを手に取らなければ

いまのわたしは 絶対にいないだろう 言いきれる

 

いろんな感じ方 考え方 受け取り方 発想の自由

歪んだ思考 何よりも澄み切った純粋なことば

汚い部分 綺麗な心 選ぶ言葉 その使い方 詩 文学 

メロディの流れ コード進行 その他諸々いろんなもの

学んで来なかっただろうし 考えもしなかっただろう

 

自分の核になるもの えらんできたもの 生きる意味

わたしをつくる色んなものに 影響を与えてくれた

 

これはすべて たらればの話になってしまうけれど、それでも 思いつくだけでこんなにも こんなにもわたしの人生に彩を与えてくれていること 解る

 

 

もし音楽を好きでなかったのならば、仮に好きだとしても 熱烈に心動かされていなければ、きっと、洋服 メイク そういった自分を着飾るものに いちばんお金を注ぎ込んでいたでしょう

 

今わたしが すきな音楽に費やしているお金で、洋服を買ったり 化粧品を買ったり 美容にお金をかけていたはず

そういったものが 多少なりとも我慢して 後回しにしてもいいと思えるほど、音楽がいちばんすきで 大事だ

 

だから、生活が苦しくても音楽を聴くし

ライブに行くことをやめない やめられない

 

生きる意味の 大きなひとつになっているから。

大袈裟なんかでもなく、まだ死ねない と良く 思う。

 

 

CD 映像作品 FC会費 ライブ 舞台 交通費など

もちろん、どれもお金がかかるもの

 

でもそうやってお金を払うことが、好きなバンドやアーティスト、アイドル達に対する 最大の敬意である とわたしは考えている

(もちろん正当な金額を公式に ね

 チケットの高額転売は 断固反対です)

 

 

SNSが発達して、便利な時代になった

すきなアーティストの発信する日常やお知らせを、誰でも気軽に見ることができる今の時代、存在を勝手に近くに感じてしまっている人が 多いように思う

 

気軽にリプライを送ることが出来るし、コメントを残すことが出来るし、そんな自分の言葉を 好きな人が見てくれるかもしれない すごいことです

 

でもだからといって 馴れ馴れしく話すのは なあ と。

誰からでも 好きな人からでも見えるからこそ、

好きだからこそ そう思います。

 

あんたの友達じゃあ ないよ と言いたくなる。

 

言わないけど。

 

 

人に対しての敬意って大切

 

スキでも キライでも

 

 

 

そんな話。

 

新譜とツアーに わくわくして眠れない夜の日記。

 

しあわせなことだね 感謝やなあ

 

今宵もキャンドルがゆらゆら揺れる

 

 

 

R. 🕯