読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドッペルゲンガーも夢をみる。

おもったこと 感じたことを つらつらと。

ランデヴー。

 

 

昔、どこまでいってもお月様がついてくること

不思議で なんだか怖かった記憶があります。

わりと大きくなってもそんなふうに思ってたな

 

だって、どこまで歩いても 走ってもついてくるし

よし もうここまでくれば大丈夫 うまく隠れたぞって

安心していても ふと空を見上げてみると もう

わたしの上でこっちみてるんです いつも いつでも

 

 

それから

 

テレビから流れてくる「都内某所」という単語は、

都内に「某所」という地名がある と思っていたし

 

ニュースから聞こえてくる「汚職事件」は

ずっと「お食事券」だと思っていたし

 

同じくニュースから聞こえる「相次いで」という言葉

これも「あいつい」という場所があると思っていた

 

あいつい で なにか事件が起きた と言うから

あいつい という場所はとても怖い場所なのだと

ずっと思い込んでいました これ本当です

 

 

なんか 脳天気なこどもやったんかな

頭ん中 お花畑やったんかな

こう考えると 子どもの考えることはメルヘンですね

 

 

 

真夜中のランデヴー。

 

 

 

R. 🦄