読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドッペルゲンガーも夢をみる。

おもったこと 感じたことを つらつらと。

ロマンティックあげるよ。

 

 

きがついたら3月も真ん中に近づいてきた

はやいなあ 3月のライオン公開まであとすこし

 

 

俺節のビジュアル 発表されましたね

きのうは制作発表も行われました

WSに容量を取られる毎日です 

 

32歳という年齢になって、人としての魅力がどんどん増している。昔から変わらず まっすぐストイックに 何事にも一生懸命なところと、最近はそこに色気も纏って 大人の魅力で光っているから、「俺節」という作品がこのタイミングで章ちゃんに来たこと、とても意味のある出会いだなあ と勝手に思っております。

 

安田章大という男の いままでの生き様すべてで表現する、そんな覚悟がみえる作品になるような気がしています。舞台「俺節」。楽しみでしかない。

 

関ジャニ∞というグループでデビューして、順風満帆とは言えない時代もたくさん過ごしてここまできて、でもその時代があったからこそ今の彼がいて、たくさんの痛みを知って、優しさを知って、人の前では絶対に折れない人。感受性が豊かだからこそ しんどいこともたくさんあるだろうなあ。

わたしはアイドルのそういうところに弱い。

かっこいい。努力の生き様。みせないところ。

 

すべてを含めて彼という人間がすきで 尊敬している

人として尊敬できるところがたくさん

 

海や空とか 自然に感謝しているところも

話している人の目を見て 話を聞くところも

毎日きちんと ひとりひとりに挨拶するところも

ご飯を食べる時は必ず 帽子を脱ぐところも

どんなに近しい人にも礼儀を忘れないところも

困っている人がおったら手を差し伸べることも

人のいいところも わるいところも すべてまるっとまとめて愛することが出来る器も

仲間の悪いところはしっかり伝えられるところも

優しさを履き違えず きちんと人に怒ることができる優しさを忘れないところも

 

他にも もっともっと たくさんあるけれどキリがない

 

すべてあたりまえのように感じるけれど、あたりまえすぎてやらなかったり、忘れてしまったり、それがなかなかできなかったりする。

そういう小さな積み重ねを忘れずにいる彼がすきだ

 

 

そんな今の彼が まっすぐにぶつかる「俺節

すばらしいものになる 予感しかしません。

 

ありがたいことに チケットは知り合いが用意してくれたので、どうにか どうにかして6月 平日に大阪 いけるように調節していきます。6月。

 

ああ たのしみだ。 ああ すきだ。安田章大

 

 

 

R. 💙